2008年12月15日

【阪神JF】3冠へ!ブエナビスタ母娘制覇

第60回阪神ジュベナイルフィリーズ(14日、阪神11R、GI、2歳牝馬オープン、
馬齢、芝・外1600メートル、1着本賞金6000万円=出走18頭)

モノが違った。安藤勝己騎乗、1番人気のブエナビスタが後方から直線で楽に
抜け出し圧勝。2着のダノンベルベールに2馬身1/2差をつけ、2歳牝馬の
頂上決戦を制した。タイム1分35秒2(良)。3着には4番人気のミクロコスモス
が入り、2番人気のジェルミナルは6着に敗れた。

ブエナビスタ画像20081215.jpg
ブエナビスタはライバル17頭を問題にせず阪神JFを圧勝。断然のクラシック候補に躍り出た
(撮影・山田喜貴)



 一枚、いや二枚か…。決定的な力の違いを見せつけて、ブエナビスタが母
ビワハイジに次いで2歳GIを制覇した。鮮やかな完勝劇。馬は疲れも見せず、
涼しい顔でのご帰還だ。

 「強いとは思っていたけど、やっぱり強かった。最後の直線で抜け出してから
は“遊んでいた”くらいだよ」

 安藤勝己騎手のセリフが楽勝だったことを物語る。スタートして道中は後方
3番手から。自分のリズムを守り、3角過ぎからジワジワと進出を開始する。
直線手前で進路を大外へ移し、馬なりの態勢で先行集団に取り付く。軽いゴー
サインだけで、メンバー最速の上がり(3ハロン34秒8)。最後は2着以下に
2馬身1/2の差をつけていた。

 新馬戦は3着に敗れたとはいえ安藤勝己は「エンジンがかかってからすごい
脚を使ったし、この馬はすごい」と能力の高さを実感。そして今回、「2歳の牝馬
の中では抜けている。センスが一枚上」と、規格外の強さを再確認することに
なった。ウオッカダイワスカーレットと同様に、牝馬の枠を超越する馬の出現。
今年初のGI勝ちに表情は自然とほころんだ。

 松田博資調教師からも笑みが絶えない。

 「最後の脚には自信を持っていた。最後の切れは抜群だな。安心してレース
を見ていられた」

 来春の桜花賞はまったく同じ舞台で行われる。このケタ外れの走りからして、
桜の女王の座はもう確定か…。それどころか、オークス秋華賞を含めた“牝馬
3冠”を総ナメにする可能性すらも大いに感じる。

 「(クラシックを)取れるのなら全部取りたいな」とトレーナー。安藤勝己騎手
も「距離が長くなるのは問題ない。無事に行けば大レースをいくつも勝てる馬
だし、自分も“その気”でいる」と、胸を張る。牝馬とは思えないスケールの持ち
主。来年の視界は大きく開けている。


by 宇恵英志
SANSPO.COM 2008.12.15より


競馬重賞結果情報TOPへ

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。