2008年11月10日

【アルゼンチン共和国杯】ド迫力な伸び!クリーンヒーロー制す

期待の素質馬が遂に花開いた。ハンデ53キロのスクリーンヒーロー蛯名
正義騎手
の手綱に導かれ、先頭でゴール。待ちに待った重賞初制覇を決めた。

 逃げ馬2頭が後続を10馬身以上引き離す縦長の展開。5番手できっちり
折り合ったスクリーンヒーローは直線で追い出されると、弾けるように伸びて
馬場の真ん中を突き抜けた。「いい位置で流れに乗れたし、直線に向いての
手応えも良かった。後ろが迫ってきていたが、しのげると思ったよ」。1馬身
半差をつける完勝に蛯名騎手は満面の笑顔だ。

スクリーンヒーロー画像20081110.jpg
鹿戸雄調教師と共にアルゼンチン共和国杯重賞初Vを飾ったスクリーンヒーロー
 (撮影・佐藤雄彦)



 昨年のセントライト記念3着後に骨折し、11カ月の休養に入ったスクリーン
ヒーロー
は矢野進元調教師の定年に伴い、今年3月に開業した鹿戸雄一厩舎
に転厩。トレーナーに開業8カ月で初の重賞タイトルをプレゼントした。「なか
なか勝てず(関係者に)迷惑をかけたけど、ようやく勝てました。自分が思って
いた以上に強い勝ち方だった」とトレーナーも勝利の味をかみしめた。

 次走はオーナーと相談の上で決められるが、「JC有馬記念を含めて相談
します。今回で上のレースでもやれると確信しました」と鹿戸雄師はGIを意識。
スクリーンヒーローがさらなる上のステージで名実ともに“英雄”を目指す。


by 板津雄志
SANSPO.COM 2008.11.10より


競馬重賞結果情報TOPへ

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。